もはや人気職業?女の子が風俗で働く意外な理由

風俗は人気職業?女性はどうして風俗で働くのか? - 「辞めどきが分からない」という理由で働く女性

「辞めどきが分からない」という理由で働く女性

もしかしたら「辞めどきが分からない」というのが風俗バイトを続けている女性の中で一番多い理由かもしれません。
風俗バイトを割りと自然に受け入れられるタイプの人は、本当にいつ辞めるべきなのか分からなくなる時があるんです。
■風俗以外の仕事が見つからない
例えば風俗バイトを3年続けたとして、そろそろ会社員にでもなろうかな? と思い立ったとします。
でもいきなり会社員になるのは難しい話だし、風俗よりも給与はガクっと下がります。
つまり再就職の難易度と給与が下がるというデメリットを考えると、途端に風俗の仕事が惜しくなるんです。
それで結局辞めるのを先延ばしにして、もういつ辞めれば良いのか分からなくなってしまうのです。
■お金をどこまで貯めるかで悩む女性
もう風俗を辞めようと決めた女性は、お金をある程度まで貯めてから辞めようとします。
それはやっぱり風俗以外の仕事をするともう大金を稼げなくなるから、その前に風俗で沢山稼いでから辞めたくなるからです。
しかし、「ここまで稼いだら辞めよう」という目的を決められず、ダラダラと続けてしまうのは典型的な例です。
どのくらい貯めたら辞める? そう思いながら何年も風俗を続けている女性だって確かに居ます。
■若さを武器に出来る年まで粘る!
もう若くないと思うようになったら辞めよう、そう思う女性は昔から大勢居ます。
でもなかなか自分がもう若くないと判断するのは難しく、「若い」という基準も年々変わるものです。
今では二十代後半や三十代前半でも、「まだまだイケる!」と思って働いている女性は多く、風俗嬢としての寿命は伸びています。
■まとめ
辞めどきが分からなくて続けている女性は、間違いなくまだ風俗バイトに未練があるはずです。
それが良い事なのか悪い事なのかは分かりませんが、大金を稼げる仕事をなかなか手放せなくなるのは人間の性でしょう。

関連する記事

  « 前の記事: を読む